未経験から1人Web担当者へ!必要なスキルと仕事内容を徹底解説

監修者

つるけん(鶴巻健太) つるけん(鶴巻健太) 新潟SEO情報局長

SEO歴は10年以上で、オウンドメディア運用やコンテンツSEOが得意。普段はフリーランスのSEOディレクターとして活動中。

Webがビジネス成功の鍵を握っている現代において、Web担当者の役割はますます重要となっています。しかし、中小企業では1人でWebの業務をこなしている担当が多いのも事実。

この記事では、そんな「1人Web担当者」が抑えるべき仕事内容と、効率的に業務をこなすための必要スキルを紹介します。

基本的な業務から、便利なツールの選び方、さらには仕事をスムーズに進めるヒントまで、いろんな面を深掘りします。未経験からWeb担当者になった方でも、参考になるようなアドバイスを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

なお、こちらの記事でWeb集客が難しいと感じる理由や対策を解説しています。

あわせて読みたい
【Web集客】難しいと感じる5つの要因とは?成功のポイントも解説 素晴らしい製品やサービスを提供していたとしても、それを多くのユーザーに知ってもらわなければ、成功はありません。この点で、集客とマーケティングは切っても切り離...
目次

Web担当者の仕事内容

Web担当者の通常業務を知りたくはありませんか?Web担当者の仕事は幅広く、多くのタスクを含みます。あなたが見ているこのWebサイト、あるいはお気に入りのSNSページも、Web担当者の働きがなければ存在しません。

Web担当者の仕事は、Webサイトの作成・運営からコンテンツの作成・更新、SEO対策、さらにはデータ分析やSNSの運用など、業務は多義にわたります。

ここでは、Web担当者の具体的な仕事内容について解説します。

  • サイトの運営と管理
  • コンテンツの作成と更新
  • SEO対策
  • データ分析とレポート作成
  • SNS運用と連携

Web担当者がどのような役割を果たしているのか、具体的な仕事内容が理解できるでしょう。

サイトの運営と管理

Webサイトを立ち上げた後も、その管理や運営は継続して行う必要があります。Webサイトはお店のようなもので、店内がきれいに整理されていて、商品(コンテンツ)が常に新鮮であることが大切です。よって、Web担当者はサイトを常にチェックし、もし何か問題があったらすぐに修正しなければなりません

この仕事には、サイトの構造を考えたり、新しいページを作ったり、既存のページを更新したりする作業が含まれます。さらに、サイトの使いやすさやデザイン、コンテンツの質を保つための調整も欠かせません。

また、Web担当者は、Webサイトを安全に運用するための仕事も欠かせません。例えば、サーバー問題の解決や、Webサイトを安全に保つための対策などが含まれます。これらの作業には、ITの知識が必要になることもあります。

コンテンツの作成と更新

Webサイトで提供するコンテンツは、ユーザーにとって価値のある内容でかつ、定期的に更新されることが重要です。このため、Web担当者は、文章から画像、動画などのマルチメディア、さらには専用の投稿やコラムなど、Webサイトで提供する全ての素材を作成したり、更新したりします。

なぜなら、情報が古くなるとWebサイトの信頼性が下がり、最悪の場合ユーザーが離れてしまうからです。

そのため、コンテンツを新たに作成したり、既存の内容を時代の流れやユーザーのニーズに合わせて更新したりする仕事は、非常に重要な業務と言えるでしょう。

SEO対策

Webサイトを訪れるユーザーの多くは検索エンジン経由です。だからこそ、検索エンジンの結果で上位に表示されるようにするためのSEO対策は、Webサイトの運営において重要です。

その具体的な方法として、キーワードを適切に利用した文章の作成や、高品質なコンテンツの提供、そして他のWebサイトからの非リンクを増やすなどがあります。これらの施策により検索エンジンは、あなたのWebサイトが、ユーザーにとって必要な情報を提供していると認識し、上位に表示されます。

そして、「SEO対策は一度やったら終わり」というものではありません。常に新しい情報をキャッチし、内容を更新し続け、検索エンジンのアルゴリズムに追随する努力が求められます。このため、継続的な学習と対策が重要となります。

データ分析とレポート作成

Webサイトを成功させるためには、ユーザーの行動を理解することが不可欠です。そのためにはデータ分析が必要となります。

訪問者数、ページビュー数、滞在時間など様々なデータを積極的に収集し解析し、それらを元にWebサイトの改善点を見つけるのがWeb担当者の役目です。

また、これらの分析結果をまとめてレポートにして、新しいツールの導入や次のプロモーション施策の予算取りなど、企業の意思決定に活用するのも良いでしょう。

さらに、レポートは、効果的なキャンペーンの実施や新たなコンテンツの開発など、様々な具体的なアクションを考えるための重要な情報源となります。

この業務を通じて、Webサイトのパフォーマンスを改善し、Webサイトを成長させるための戦略的なアイデアを生み出すことが期待できます。

SNS運用と連携

SNSを活用して積極的に情報を発信することも、Webサイトの訪問者数を増やすためのWeb担当者の業務として重要です。Facebook、Twitter、Instagramといった各種SNSは、Webサイトをプロモートし、ターゲットとなるユーザーに訴えかけるための貴重な手段です。

また、SNSではリアルタイムで反応を得られるため、ユーザーの興味やニーズを掴みやすく、それをWebサイトの改善に活かせます。さらに、SNS上でユーザーとのコミュニケーションを図ることにより、ブランドの信頼性や認知度を高める効果もあります。

このように、SNSの適切な運用とWebサイトとの連携は、Webサイトのパフォーマンスを上げるための重要な手段といえるでしょう。

Web担当者に必要なスキル

Web担当者として効率的に業務を進めるためには、どのようなスキルが必要か気になりませんか?

基礎スキルをしっかり学び、磨くことで、自身が運営するWebサイトのパフォーマンスを高め、KPI(目標)に向けて前進できます。

ここではWeb担当者にとって特に重要とされる3つのスキルについて解説します。

  • デジタルマーケティングの基本知識
  • Webページの作成・更新スキル
  • 分析・レポーティングスキル

Web担当者として成功するために必要な具体的なスキルが理解できるでしょう。

デジタルマーケティングの基本知識

デジタルマーケティングとは、インターネットを活用した企業のマーケティング活動全般を指します。戦略策定から実行までをトータルに考えることで、高い効果を期待できるため、Web担当者に必要なスキルです。

その基本には、ターゲットとなる顧客の正確な理解、効果的なWebコンテンツの作成、そしてSEOを含む検索エンジン対策、SNSの活用が挙げられます。

これらのデジタルマーケティングを理解し実行に移すことは、ウェブサイトの認知度拡大や新規顧客の獲得、既存顧客との関係強化につながります。

Webページの作成・更新スキル

Web担当者にとって、Webサイトのページ作成能力は不可欠です。基本的なHTMLやCSSを理解し、それを用いてシンプルなページを作成してみましょう。これは、Webデザインやコンテンツを作成する上での基礎となります。

さらに、UX(ユーザー体験)を考慮したデザイン作成も大切です。ページの使いやすさを高め、閲覧者が情報に迷いなくアクセスできる環境を作りましょう。

分析・レポーティングスキル

Webサイト分析とは、サイトがどのように使われているかを解析し、その情報をもとに改善策を練ることです。ここで重要となるのは、Google Analyticsなどの分析ツールを使い、ユーザーの行動や訪問者数、滞在時間などのデータを詳しく調査することです。

また、解析結果は適切なレポート形式で整理することが必要です。これらのレポートは、Webサイトのパフォーマンスを評価するための証拠となり、改良策を練る上で重要な根拠となります。

1人Web担当者が業務を効率化するためのツール4選

1人でWeb担当者として多岐にわたる業務をこなすのは大変だと感じていませんか?1人での作業は大変なのは間違いないですが、適切なツールを活用することで効率的に作業を進められます。

そこで、ここではWebサイトの運営からデータ分析、コンテンツ作成までをサポートするための必須ツールを4つご紹介します。

  • コンテンツ管理システム(CMS)
  • SEOツール
  • 分析ツール
  • グラフィックデザインツール

これらのツールを活用し、より戦略的なWebサイト運営をできる方法がわかるでしょう。

コンテンツ管理システム(CMS)

CMSは、Webサイトのコンテンツを簡単に作成、編集、管理するためのツールです。HTMLやCSSの知識がなくても、直感的な操作でページを更新できるため、1人Web担当者にとって非常に便利です。

CMSは様々な種類がありますが、そのなかでもWordPressは使いやすさの観点で、1人Web担当者におすすめです。豊富なプラグインやテーマを活用し、オリジナルのウェブサイトを効率的に構築できます。また、SEO対策やセキュリティ対策もサポートしているため、安心です。

CMSを活用することで、時間と労力を節約しながら、効果的にコンテンツを管理できます。

SEOツール

Webサイトの訪問者数を増やすためには、SEO対策が重要です。SEOツールを活用すれば、キーワード選定やサイトの最適化、競合分析などが効率よく行えます。

例えば、Googleの無料SEOツールである「Google Search Console」は、Webサイトの検索パフォーマンスをチェックし、問題点を特定して改善策を提案します。また、有料のSEOツール「Ahrefs」や「SEMrush」は、より深度のあるSEO分析と競合他社の分析が可能です。

SEOツールを活用することで、ウェブサイトの認知度を上げ、訪問者数を増やすための戦略を立てられます

分析ツール

Webサイトの運用を成功させるためには、数値データを理解し解釈することが重要です。ここで大切な役割を果たすのが、分析ツールです。分析ツールは、ユーザー行動、トラフィックの動向、マーケティングキャンペーンの成果を把握し、次の戦略を練る上で役に立ちます。

例えば、Google Analyticsは、サイト訪問者の行動を詳細に追跡できます。どのページが最も人気があり、どのページのアクセス数が少ないのかを把握できます。

また、A/Bテストツールは異なるバージョンのページをランダムな訪問者に表示し、どちらがより効果的なのかを判断するのに役立ちます。これらのツールをうまく活用することで、事実に基づいて決定し、Webサイトの訪問者数を増やせます。

グラフィックデザインツール

ウェブサイトやブログ、SNSへの投稿などを魅力的に見せるためには、視覚的な魅力を引き立てるグラフィックが不可欠です。そのため、グラフィックデザインツールの使用は欠かせません。

Adobe PhotoshopやIllustratorは、プロのグラフィックデザイナーによく使われる定番のソフトウェアで、操作性が専門的なため難易度が高いです。これらのソフトウェアより、手軽に使用できるオンラインツールとして、CanvaやCrelloがあります。ドラッグ&ドロップのインターフェースと豊富なテンプレートを提供しており、初心者でも手軽に美しいデザインを作成できます。

1人でWeb担当者をやる工夫

1人Web担当者の方は、数ある業務をどう工夫すればスムーズに進められるのか悩まれていませんか?1人で業務をこなすことは大変ですが、工夫次第で効率よく業務を遂行し、高い成果を上げられます。

ここでは、限られたリソースを最大限に活用するための具体的な方法について解説します。

  • 優先順位の設定とタスク管理
  • 効果的なアウトソーシングの活用
  • スキルアップと自己啓発

優先順位の設定とタスク管理

1人でWeb担当者として多岐にわたる業務をこなすためには、タスクの優先順位を明確にし、適切に管理することが大切です。タスク管理ツールを活用すれば、1人でも複数のプロジェクトを円滑に進行できます。

たとえば、AsanaやTrelloのようなプロジェクト管理ツールは、タスクの分類や期日の設定、進行状況の確認など、1人で効果的にタスクを管理するのに役立ちます。

これらの方法を取り入れることで、効率的に業務を進め、ストレスを軽減できるでしょう。

効果的なアウトソーシングの活用

特定の業務を外部の専門家に委託する、つまりアウトソーシングすることは、1人でWeb担当者を務める際の有効な手段です。特に、専門的な技術や深い知識を必要とする部分で活用するには効果的です。

例えばSEO対策やWebサイトの分析など、自身で行うことが困難な専門的な領域や、コンテンツの制作などのリソース不足で手が回らない領域において、アウトソーシングを活用するのが良いでしょう。

ただし、アウトソーシングの際には明確な指示と適切なコミュニケーションが重要です。自身のノウハウ蓄積にもならないので、丸投げは避けましょう。

スキルアップと自己啓発

Web担当者として成長するためには、継続的なスキルアップと自己啓発が欠かせません。急速に変化するデジタルマーケティングの世界では、新しい技術やトレンドに常に目を光らせる必要があります。

オンラインコース、ウェビナー、業界関連の書籍やブログを活用して最新情報を取得し、実務に役立つ知識を身につけましょう。

また、業界のイベントやネットワーキングの機会を通じて、他社のWebマーケターと交流することも大切です。これにより、実践的なアドバイスや新しい視点を得られます。

まとめ

1人でWeb担当者を務める際には、すべてを自分でこなすのではなく、アウトソーシングをうまく活用することが大切です。自分のスキルアップや自己啓発も忘れずに行いましょう。

特に専門的な分野は外部の専門家に任せ、その分の時間を使って最新のトレンドを学ぶことが重要です。これにより、将来的なWebプロモーションの成功につなげられます。

さらに、新しいアイデアや視点を得るためには、業界のプロフェッショナルとの交流も大切です。これらの取り組みを通じて、業務の質を高めつつ、自分自身も成長し、自社に貢献できるようになります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

「新潟SEO情報局」の局長。SEO歴は10年以上で、オウンドメディア運用やコンテンツSEOが得意。普段はフリーランスのSEOディレクターとして活動中。

目次